Infomation

新着情報
新着情報

「自転車保険について」のご案内

榊原顕太郎法律事務所 弁護士 榊原顕太郎

2017年 11月 12日

発信者:榊原顕太郎法律事務所 所長 榊原顕太郎
自転車保険について

今年の10月より、名古屋市の条例により、名古屋市内で自転車に乗る場合には、保険(賠償責任保険)に加入することが義務づけられました。
今回は、自転車保険についてご説明したいと思います。

このように、名古屋市で条例が定められた背景ですが、自転車事故の社会問題化が挙げられます。警察庁のデータによれば、平成28年に自転車が関係する交通事故は約9万件にも上ります。また最近の裁判例を見ても、自転車が加害者となった交通事故において、被害者に対して1000万円を超える賠償責任を認める判決が、たびたび出されています。

道路交通法上も、自転車は「軽車両」として扱われています。飲酒運転の禁止はもちろんのこと、左側通行や一時停止の履行など、自動車と同じような規制がなされています。最近の法改正では、悪質運転を繰り返す自転車運転者に対する「自転車運転者講習制度」も導入されました。最近では、自転車は自動車と同様に扱われる流れになってきた、といって良いでしょう。

自転車を運転して事故を起こしてしまった場合ですが、保険に加入していなければ、自己負担で被害者に賠償しなければなりません。お子さんが自転車を運転する場合も同様です。そのため、自転車に乗るのであれば、保険に加入しておくのは、必須といっても過言ではありません。

各保険会社では、自転車用の保険をそれぞれ用意していますので、この機会に是非ご加入ください。なお、保険については、自動車保険、火災保険、傷害保険の特約で付けられていたり、クレジットカードや自転車の「TSマーク」に保険が付帯していることもありますので、保険証券等を一度確認されると良いと思います。

一覧へ戻る< 前のお知らせ |次のお知らせ >|

.

免責事項お問い合わせ窓口

  • 榊原顕太郎法律事務所(弁護士:榊原顕太郎)
  • 〒475-0922
  • 愛知県半田市昭和町一丁目35番地半田名鉄南館ビル3階
  • 電話:0569-84-1784
  • 電子メール:sakakibara@sakaki-law.jp